« 第6期のテーマは、直木賞を支えてきた人物いろいろ。彼らがいたから、いまの直木賞がある。「(裏)人物事典」です。 | トップページ | 鷲尾洋三(『文藝春秋』編集長、日本文学振興会常務理事) 「出版社のための直木賞」の選考会をどう司会進行するか、礎を築く。 »

2012年6月17日 (日)

佐佐木茂索(文藝春秋社専務→文藝春秋新社社長) 気まぐれな親分が言い出したタワゴトを真に受けて、ほんとに直木賞をつくってしまった人。

佐佐木茂索(ささき・もさく)

  • 明治27年/1894年11月11日生まれ、昭和41年/1966年12月1日没(72歳)。
  • 昭和6年/1931年(37歳)より文藝春秋社の経営をひきつぎ、専務。
  • 昭和10年/1935年(40歳)より直木賞・芥川賞選考委員。
  • 昭和21年/1946年(51歳)に文藝春秋新社を設立、社長。

※こちらのエントリーの本文は、大幅に加筆修正したうえで、『ワタクシ、直木賞のオタクです。』(平成28年/2016年2月・バジリコ刊)に収録しました。

|

« 第6期のテーマは、直木賞を支えてきた人物いろいろ。彼らがいたから、いまの直木賞がある。「(裏)人物事典」です。 | トップページ | 鷲尾洋三(『文藝春秋』編集長、日本文学振興会常務理事) 「出版社のための直木賞」の選考会をどう司会進行するか、礎を築く。 »

直木賞(裏)人物事典」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206923/54987683

この記事へのトラックバック一覧です: 佐佐木茂索(文藝春秋社専務→文藝春秋新社社長) 気まぐれな親分が言い出したタワゴトを真に受けて、ほんとに直木賞をつくってしまった人。:

« 第6期のテーマは、直木賞を支えてきた人物いろいろ。彼らがいたから、いまの直木賞がある。「(裏)人物事典」です。 | トップページ | 鷲尾洋三(『文藝春秋』編集長、日本文学振興会常務理事) 「出版社のための直木賞」の選考会をどう司会進行するか、礎を築く。 »