« 江崎誠致(第37回 昭和32年/1957年上半期受賞) どうして直木賞で取り上げられたのか、不思議で意外な受賞者、って意味で、いかにも直木賞っぽい受賞。 | トップページ | 山田詠美(第97回 昭和62年/1987年上半期受賞) あれだけ直木賞騒ぎで迷惑な思いをした人が、それでも文学賞を擁護してくれるのですよ。嬉しいなあ。 »

2012年2月19日 (日)

熊谷達也(第131回 平成16年/2004年上半期受賞) 史上初の看板を背負わされてもマイナー感を失わない。よっ!筋金入りのあまのじゃく!

120219

熊谷達也。『邂逅の森』(平成16年/2004年1月・文藝春秋刊)で初候補、そのまま受賞。「ウエンカムイの爪」でのデビューから7年。46歳。

※こちらのエントリーの本文は、大幅に加筆修正したうえで、『ワタクシ、直木賞のオタクです。』(平成28年/2016年2月・バジリコ刊)に収録しました。

|

« 江崎誠致(第37回 昭和32年/1957年上半期受賞) どうして直木賞で取り上げられたのか、不思議で意外な受賞者、って意味で、いかにも直木賞っぽい受賞。 | トップページ | 山田詠美(第97回 昭和62年/1987年上半期受賞) あれだけ直木賞騒ぎで迷惑な思いをした人が、それでも文学賞を擁護してくれるのですよ。嬉しいなあ。 »

初候補で受賞した作家列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206923/54025441

この記事へのトラックバック一覧です: 熊谷達也(第131回 平成16年/2004年上半期受賞) 史上初の看板を背負わされてもマイナー感を失わない。よっ!筋金入りのあまのじゃく!:

« 江崎誠致(第37回 昭和32年/1957年上半期受賞) どうして直木賞で取り上げられたのか、不思議で意外な受賞者、って意味で、いかにも直木賞っぽい受賞。 | トップページ | 山田詠美(第97回 昭和62年/1987年上半期受賞) あれだけ直木賞騒ぎで迷惑な思いをした人が、それでも文学賞を擁護してくれるのですよ。嬉しいなあ。 »