« 今東光(第36回 昭和31年/1956年下半期受賞) わざわざ直木賞の受賞など待たずとも、不死鳥は何度でもよみがえる。 | トップページ | 安藤鶴夫(第50回 昭和38年/1963年下半期受賞) 仲のよくなかった三人の男。一人は受賞できて二人はとれなかったけど。みんな直木賞史に名を残しました。 »

2011年12月11日 (日)

車谷長吉(第119回 平成10年/1998年上半期受賞) 文学賞への執念はからだに沁みついているので、文学賞のことを頭で考える必要なし。

111204

車谷長吉。『赤目四十八瀧心中未遂』(平成10年/1998年1月・文藝春秋刊)で初候補、そのまま受賞。『新潮』掲載「なんまんだあ絵」から26年。53歳。

※こちらのエントリーの本文は、大幅に加筆修正したうえで、『ワタクシ、直木賞のオタクです。』(平成28年/2016年2月・バジリコ刊)に収録しました。

|

« 今東光(第36回 昭和31年/1956年下半期受賞) わざわざ直木賞の受賞など待たずとも、不死鳥は何度でもよみがえる。 | トップページ | 安藤鶴夫(第50回 昭和38年/1963年下半期受賞) 仲のよくなかった三人の男。一人は受賞できて二人はとれなかったけど。みんな直木賞史に名を残しました。 »

初候補で受賞した作家列伝」カテゴリの記事

コメント

中山大障害 2011出走馬・枠順・オッズ・調教情報から徹底分析!勝つためのデータは全てここに揃ってます!

投稿: 中山大障害 2011 | 2011年12月15日 (木) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206923/53459584

この記事へのトラックバック一覧です: 車谷長吉(第119回 平成10年/1998年上半期受賞) 文学賞への執念はからだに沁みついているので、文学賞のことを頭で考える必要なし。:

» [直木賞受賞作家]『群像』平成10年/1998年9月号「侃侃諤諤」 [直木賞のすべて 資料の屑籠]
『群像』の匿名コラム「侃侃諤諤」にとって、文学賞に関するゴタゴタは王道ネタである。第119回(平成10年/1998年上半期)の直木賞・芥川賞は、話題性十分の回で、他のメディアもこぞって取り上げた。当然「侃侃諤諤」でもこのあたり、笑い飛ばしてくれている。 『群像』平... [続きを読む]

受信: 2011年12月16日 (金) 01時00分

« 今東光(第36回 昭和31年/1956年下半期受賞) わざわざ直木賞の受賞など待たずとも、不死鳥は何度でもよみがえる。 | トップページ | 安藤鶴夫(第50回 昭和38年/1963年下半期受賞) 仲のよくなかった三人の男。一人は受賞できて二人はとれなかったけど。みんな直木賞史に名を残しました。 »