« 乃南アサ(第115回 平成8年/1996年上半期受賞) 本命の「初候補」をおさえて無印の「初候補」が受賞。ほのぼの微笑む女がひとり。 | トップページ | 志茂田景樹(第83回 昭和55年/1980年上半期受賞) 直木賞作家が毎日テレビに出ている、なんて、まあ異次元な出来事ですわね奥さん。 »

2011年10月16日 (日)

有馬頼義(第31回 昭和29年/1954年上半期受賞) 「昔は直木賞をとっても注文ひとつ来なかった」伝説は、どこまでほんとうか?

111016

有馬頼義。『終身未決囚』(昭和29年/1954年5月・作品社刊)で初候補、そのまま受賞。『崩壊』でのデビューから17年。36歳。

※こちらのエントリーの本文は、大幅に加筆修正したうえで、『ワタクシ、直木賞のオタクです。』(平成28年/2016年2月・バジリコ刊)に収録しました。

|

« 乃南アサ(第115回 平成8年/1996年上半期受賞) 本命の「初候補」をおさえて無印の「初候補」が受賞。ほのぼの微笑む女がひとり。 | トップページ | 志茂田景樹(第83回 昭和55年/1980年上半期受賞) 直木賞作家が毎日テレビに出ている、なんて、まあ異次元な出来事ですわね奥さん。 »

初候補で受賞した作家列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206923/53006439

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬頼義(第31回 昭和29年/1954年上半期受賞) 「昔は直木賞をとっても注文ひとつ来なかった」伝説は、どこまでほんとうか?:

« 乃南アサ(第115回 平成8年/1996年上半期受賞) 本命の「初候補」をおさえて無印の「初候補」が受賞。ほのぼの微笑む女がひとり。 | トップページ | 志茂田景樹(第83回 昭和55年/1980年上半期受賞) 直木賞作家が毎日テレビに出ている、なんて、まあ異次元な出来事ですわね奥さん。 »