« 綱淵謙錠(第67回 昭和47年/1972年上半期受賞) 会社をやめて第一作目で直木賞。ほっと一息。と思ったら直木賞からキツい洗礼が一発。 | トップページ | 常盤新平(第96回 昭和61年/1986年下半期受賞) 苦しんで小説を書いたのに、直木賞をとったら何か裏があるんじゃないかと疑われる、ザ・「朴訥にして狡猾」。 »

2011年9月25日 (日)

森荘已池(第18回 昭和18年/1943年下半期受賞) アノ有名人のことを語らずとも、この人には岩手文壇の牽引者としての立派な姿があります。

110925

森荘已池。「山畠」(『文藝讀物』昭和18年/1943年12月号)、「蛾と笹舟」(『オール讀物』昭和18年/1943年7月号)で初候補、そのまま受賞。創作集『店頭』での小説家デビューから3年。36歳。

 勢いを大切にしたいのです。前週綱淵謙錠さんを取り上げました。となれば、その勢いで森荘已池さんにコマを進める(コマを戻す?)のは、直木賞研究界の定石と言えましょう。

 名前を正確に書いてもらえない直木賞作家ランキングで、いまだ不動のトップクラスを維持しています。名は荘已池です。「そういち」と読みます。荘己池や荘巳池ではありません。

 本名は佐一。その佐一さんと家族一同に、長いあいだ幸福な生活をもたらすにいたった、霊験あらたかな(?)筆名なのです。以後お間違えなきよう。

「「佐」のつく名前が三代続き、長男が短命で病弱であったことと、幼少の頃の惣門の占い師から習い覚えた易学と四柱推命学を研究し、名前も本名森佐一から惣一、荘已池と改姓しようとするのである。」(平成15年/2003年11月・未知谷刊 森荘已池・著『山村食料記録―森荘已池詩集』所収 森三紗「解説と解題」より)

 それで荘已池さんといえば、十中八九、アノ有名人の関連人物として語られます。かつて『消えた受賞作 直木賞編』(平成16年/2004年7月・メディアファクトリー刊)っていうアンソロジーをつくったとき、ワタクシもその縛りから逃れることができず、アノ有名人との関わりを中心にして紹介文を書きました。

 でも、せっかくなので今日のエントリーは、一切アノ有名人のハナシを排して書きます。主役は森荘已池さん、あなたです。

 荘已池さん自身は、あまりオモテに出てきたくない人だったようなんですけど。まあ直木賞なんちゅうペンキが服に着いてしまったことを不運と思って、あきらめてください。

「父(引用者注:森荘已池)は写真を撮影するときには後ろに並んでいることが多く、無欲恬淡で自分の作品を出版するために出版社に足を運んだということを、ついぞ聞いたことはなかった。」(同)

 無欲恬淡。おそらく、そんな方だったんでしょうねえ。

 ただ、純粋に疑問に思います。無欲な人がなぜ、詩や小説を書くだけでは満足できず、公表したい欲求に駆られたのだろうかと。無欲恬淡な装いの内に、やはり自分の書いたものを他人に見てもらいたい、さらには評価されたい、褒められたい、みたいな野望も抱えていたのではないかと。

 荘已池さんは旧制中学時代、自分のノートにひそかに詩を書きためていました。と同時に、それを新聞に投稿したり、校友会雑誌に発表したりしていました。この積極的な行動を知ると、荘已池さんって少なくとも若い頃は、そうとうなやり手で、表舞台に出ようとする欲もたんまり持っていたのだな、とワタクシには思えるのです。

 つまり、みやこうせいさんが荘已池さんの本に寄せた解説文に、次のような一節があります。盛岡って街を表現した言葉です。これこそまさしく、盛岡人・荘已池さんの性格の一端をも表しているんだろうな、と感じます。

「今、この一文を盛岡の県立図書館で書いている。実にこの文を書きに、東京以北で一番しっとりと趣のある盛岡に来たのである。東京から離れるが故に、いささかコンプレックスにとらわれて、中央や世界に志向も高く、底にモダニズムを秘めた文化の街である。」(平成14年/2002年10月・未知谷刊 森荘已池・著『浅岸村の鼠』所収 みやこうせい「解説 南部の鼠のフォークロア、森荘已池の語り」より)

 コンプレックスにとらわれて、中央や世界に志向が高い。……いいですねえ。荘已池さんも内に秘めながら、東京進出への強い思いを抱えていたんでしょう。

 『消えた受賞作 直木賞編』の取材の折り、四女・三紗さんにいくつか聞かせてもらったハナシを思い出しました。

 昭和4年/1929年、結婚するときに新妻に語った「きっと作家になって東京に連れていくから」の言葉。

 昭和19年/1944年。ついに直木賞を得て、それを機に上京、友人の藤原嘉藤治さんに「家族を連れて東京に出てきたいのだが……」と相談したこと。

 三紗さんも、荘已池さんのことを「おそらく小説を書きたい思いはずっとあったのではないでしょうか」と見ていました。しかし、うまく中央文壇のなかで泳いでいく器用な技を身につけていなかった、と言いますか。量産体制を強いられる文壇ジャーナリズムを「うさんくさいな」と感じてしまう反骨の心をもっていたのかもしれません(想像)。

 ちなみに亡くなったときには、こんな記事が書かれました。

「創作集「店頭(みせさき)」に収めた「氷柱(つらら)」が四〇年の芥川賞候補になる。三年後の三十六歳のとき、「蛾(が)と笹舟(ささぶね)」と「山畠」で直木賞を受賞した。

 その後、小説家としては思うにまかせなかった。「書かなくちゃならない」と知人に漏らし、再起をめざした時期もあったといわれる。
(『朝日新聞』夕刊 平成11年/1999年4月8日「惜別 直木賞作家・森荘已池さん」より 署名:伊藤裕香子 太字・下線は引用者による)

 直木賞作家には、とかく読み物ふうの小説を大量に書くことが期待されたりもします。良くいえば、たぶん荘已池さんはそんな狭い世界で満足できる器じゃなかった、ってことでしょう。逆に悪くいえば……以下自粛。

          ○

 荘已池さんの直木賞受賞作は、「山畠」と「蛾と笹舟」の二作品です。

 最初、昭和19年/1944年1月28日に行われた第1回委員会では、「山畠」(『文藝讀物』昭和18年/1943年12月号)一作が候補として議論されました。その後、一作だけでは弱いと見たか、時局性が足りないと判断されたか、「蛾と笹舟」(『オール讀物』昭和18年/1943年7月号)という海軍の軍人が出てくる作品と合わせて、二作での受賞と決しました。

 はじめて岩手県の作家に直木賞が贈られました。岩手の人びとに大きな喜びを与えたことでしょう。

 与えたんでしょうが、まあ何しろ「直木賞」です。芥川賞ではありません。

 荘已池さんは受賞のとき、こんな受賞のことばを残しました。

「はなはだ素朴幼稚で常識的ではありませうが、要は、地方の文化(とりもなほさず国の文化)を昂めるために、田舎にゐてコツコツ文学に精進してゐるひとたちにとつて、私の受賞が、なにか寄与するところがあつたならば、ありがたいことであります。(引用者中略)「在郷作家」の代表としての私の役目も、こんどの受賞で、幾分かは責任をはたし得た形であります。

 なほ、私は、私の作品を、純文学とも大衆小説とも、区別を考へて書いたことはございません。ただ「小説」を書いて御奉公しようと思つて書いたものであります。」

 書いた本人には区別はなかったとしてもですよ。芥川賞ではなく直木賞です。文学の本道から微妙に外れていると見られていた、直木賞のほうです。

 岩手文壇のなかからも、どうして芥川賞じゃないんだ!みたいな不満の声が上がったことが想像できます。彼らのアニキ分だった鈴木彦次郎さんは、オトナな態度を発揮して、そんな連中をたしなめました。

「ある人々は、純文学の森さんが直木賞はをかしいといふかも知れない。しかし、現在、芥川賞だから純文学、直木賞だから大衆文学といふ観念は、委員も推挙者も殆ど持つてゐまい、いや、純文学、大衆文学などと区別することが、すでに滑稽である。森さんの場合かつての『オール讀物』へ載せた作品によつて直木賞を得た井伏鱒二と同様に、森さんの作品が去年『文藝讀物』に多く載つた理由で直木賞を授与されたのだ。」(『新岩手日報』昭和19年/1944年2月8日 鈴木彦次郎「直木賞の森さん」より)

 わかっているなあ彦次郎さん。なぜ直木賞かといえば『オール讀物』(改題後『文藝讀物』)に載った作品だからなんだよ、と。作品内容は関係ないよ。どんな媒体に載ったか、どこの出版社が出したものか、それによって直木賞と芥川賞の違いがあるだけなんだよ、と言っています。

 いまの両賞のことを指摘していると言っても、何ら矛盾しません。

 彦次郎さんは「滑稽である」と言っています。ワタクシは面白いと思います。井伏鱒二の頃から現在まで、あなた、70年ですよ。芥川賞=純文学、直木賞=大衆文学、の区別が滑稽だと言われながら、いまだ両賞は当時と似た姿のまま、生き永られているのですよ。面白いと言わずして何と言いましょう。

 荘已池さんもまた、ある意味わかっている人でした。自分の作品が芥川賞じゃなくて直木賞だったことに、鈴木彦次郎さんと同じ感想をもっていたみたいです。

「『山畠』は、昭和十八年十二月号の『文芸読物』(オール読物改題)に掲載され、昭和十九年二月、第十八回直木賞を授賞された。発表機関不足の折で、挿絵が入つたりしてゐたので直木賞をもらつたものらしかつた。」(昭和22年/1947年8月・新紀元社刊『山師』「あとがき」より)

 受賞から3年、戦後まもない昭和22年/1947年2月の筆です。たしかに挿絵の入った『文藝讀物』なんて低俗誌じゃなくて、同じ作品が文藝誌に載っていたら、直木賞受賞はなかったのかもしれませんね。

 ええと、ここで蛇足の注釈。荘已池さんの小説集『山師』は、「山畠」がはじめて収められた単行本です。そのため、「直木賞受賞作初版本」リストに加えられていたりします。しかし、ここにもう一つの受賞作「蛾と笹舟」は収録されていません。なので、初版本ばかり集めても、直木賞の全受賞作を読むことは叶いません。どうぞご注意ください。

          ○

 荘已池さんが直木賞をとってしまったのは、出合いがしらの交通事故、みたいなものかもしれません。

 しかし、当然のことながらその受賞は無駄でも無意味でもありません。戦前から現代にかけての直木賞史に、重要な路標を打ちつけてくれたものと思います。

 岩手県初の受賞者が、戦前にいてくれたこと。候補にあがったくらいでは駄目です。多くの人の目は「受賞」にしか食いつきませんから。

 そして受賞者が出た事実は、他の同時代の候補者にも光を当てる契機になってくれます。

 まえに佐藤善一さんのエントリーのときにもチラッと触れました。戦前、岩手には岩手の文壇が形成されていました。この当時の直木賞(と芥川賞)は、東京もさることながら、福岡と岩手が熱い!っていう構造がありまして、森荘已池さんという受賞者がいたことは、候補作家を含めた岩手における直木賞の系譜を追うなかで、どっしり核となってくれます。

 たとえば、現代の岩手直木賞作家の代名詞、高橋克彦さんは、昨年(平成22年/2010年)こんなエッセイを書いています。荘已池さんが直木賞をとる3年前に、候補になった岩手の作家、古澤元さんのことから筆を起こして、

「大方はご存じないだろうが、古沢さんは戦前に活躍した左翼系の才能豊かな書き手であって、昭和15年(1940年)には「紀文抄」という作品で第12回の直木賞の候補にまで挙げられている。(引用者中略)

この当時の岩手の文芸レベルはとてつもなく高い。昭和18年には森荘已池さんが「山畠」と「蛾と笹舟」の2作で第18回直木賞受賞、さらに翌年には佐藤善一さんが「とりつばさ」で第20回の直木賞候補に推されている。運に恵まれていれば5年の間に岩手県から3人の直木賞作家が誕生していた可能性があったわけで、なにやら眩暈(めまい)すら覚える。しかもこの三人、とても近しい間柄だったというからさらに驚きだ。互いに切磋琢磨(せっさたくま)していたのだろう。」(『朝日新聞』平成22年/2010年4月2日 高橋克彦「みちのく夢未来 偉大な先人の著作後世に」より)

 そもそも高橋さんが、こんなカビくさい古びた時代の直木賞のことを文章にしてくれているだけでも、直木賞オタクとしては感動もの。しかも、そのうえ、これら先人たちの著作を残していくことに自分も一役買いたい、とまで言ってくれているのです……。おお。

「文芸に生きる者にとっては作品がいつまでも生き残ることこそなによりの願いだ。(引用者中略)私の頭の中には森さんや佐藤さんのことが浮かんでいた。お二人の著作も現在では簡単に手に入るとは言い難い。

 これは岩手にとって恥ずかしいことではないのか。もっと言うなら岩手の文芸を率いた鈴木彦次郎さんの作品とて古書でしか探せない。せめて数冊でも偉大な先人たちの著作が常に書店の棚にあるようにしたい。それが文化を大事にするということだ。なんとか私が果たしたい。」
(同)

 荘已池さんは途中で、小説家になることをあきらめてしまいました。しかし、彼が岩手文壇を牽引していた事実は消せません。虚名でも何でも、「直木賞受賞」っていう事件はきっと周囲の人たちにやる気を起こさせたでしょう。またじっさい荘已池さんは、後輩作家たちに「ぜったいやめるな、書け書け」と励ましの言葉をかけ続けていたそうですし。

 森荘已池を核として、古澤元、佐藤善一。渡辺喜恵子佐藤得二三好京三常盤新平、高橋克彦。あるいは、楢山芙二夫長尾宇迦などを含めた岩手直木賞山脈を形成する作家たちの作品がぞくぞくと再刊復刊とかされた日にゃあ……。夢のようだ。

|

« 綱淵謙錠(第67回 昭和47年/1972年上半期受賞) 会社をやめて第一作目で直木賞。ほっと一息。と思ったら直木賞からキツい洗礼が一発。 | トップページ | 常盤新平(第96回 昭和61年/1986年下半期受賞) 苦しんで小説を書いたのに、直木賞をとったら何か裏があるんじゃないかと疑われる、ザ・「朴訥にして狡猾」。 »

初候補で受賞した作家列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206923/52830429

この記事へのトラックバック一覧です: 森荘已池(第18回 昭和18年/1943年下半期受賞) アノ有名人のことを語らずとも、この人には岩手文壇の牽引者としての立派な姿があります。:

« 綱淵謙錠(第67回 昭和47年/1972年上半期受賞) 会社をやめて第一作目で直木賞。ほっと一息。と思ったら直木賞からキツい洗礼が一発。 | トップページ | 常盤新平(第96回 昭和61年/1986年下半期受賞) 苦しんで小説を書いたのに、直木賞をとったら何か裏があるんじゃないかと疑われる、ザ・「朴訥にして狡猾」。 »