« 直木賞とは……候補作をろくに読まずに、のうのうと選考委員やってるようなやつらは、消えうせろ。――筒井康隆『大いなる助走』 | トップページ | 山本周五郎賞 果たして直木賞の対抗馬なのか、それとも単なる弟分なのか。 »

2010年6月27日 (日)

第4期は、「直木賞」のライバルたち。過去から現在までの、文学賞の世界に分け入ります。

 誰のために何の目的で書いているのか、よくわからないダッチロールを繰り返しながら、どうにか、このブログも4年目に。

 第1期「直木賞関連の書籍」、第2期「これぞ直木賞の名候補作」、第3期「小説に描かれた直木賞」、とテーマを変えてやってきました。今週から約1年をかけて、こねくり回していきたいテーマ。それは、文学賞の世界です。

 文学賞。え。そんな、「文学」とは似ても似つかぬ、卑俗まるだしのくだらない文壇行事のことなんか。あたくし興味ありませんわ。と、超俗の域に達されている方もいるでしょう。

 すみません。どうぞお引き取りください。

 ワタクシは、足の先まで直木賞オタク。本来は、直木賞のことばかり調べて、いろいろ考えるのが好きです。

 でも、自然と、直木賞を考察していけば、他の文学賞のことも知らなければならないなあと、切に感じます。

 というわけで。うちのブログでは、やっぱり「直木賞」を中央に据えることは据えるんですが、それらと何らか関わりのある文学賞のことを、原則一週一賞のわりあいで、取り上げていきたいと思います。

 テーマ名は「直木賞のライバルたち」としました。

 かつて、創元推理文庫で「シャーロック・ホームズのライヴァルたち」というシリーズがありました。あれ、好きだったんですよね。古典推理小説の世界では、別に、ホームズと直接争ったわけでもない「名探偵」群を、同時代ってくくりでまとめ、「ライバル」と名づけているらしいんです。いわば、それの真似です。

 直木賞とは、とくに関係がないと思われる文学賞たち。でも、どこか水脈ではつながっているかもしれないし、あるいは、歴然と拮抗、対抗、切磋琢磨してきたような賞もあります。

 それら文学賞について、ああでもない、こうでもない、と勝手なことを書きつつ、日本で行われてきた文学賞(とくに大衆小説分野のもの)の歴史なども考えていけたらいいな、と思っています。

|

« 直木賞とは……候補作をろくに読まずに、のうのうと選考委員やってるようなやつらは、消えうせろ。――筒井康隆『大いなる助走』 | トップページ | 山本周五郎賞 果たして直木賞の対抗馬なのか、それとも単なる弟分なのか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206923/48727108

この記事へのトラックバック一覧です: 第4期は、「直木賞」のライバルたち。過去から現在までの、文学賞の世界に分け入ります。:

« 直木賞とは……候補作をろくに読まずに、のうのうと選考委員やってるようなやつらは、消えうせろ。――筒井康隆『大いなる助走』 | トップページ | 山本周五郎賞 果たして直木賞の対抗馬なのか、それとも単なる弟分なのか。 »