« 第3期は、「直木賞」を描いた小説たち。……ちょっとネタ切れが心配ですけど | トップページ | 直木賞とは……「芸術としての文学」とは正反対にある、俗悪な散文すべて。――中村光夫「『わが性の白書』」 »

2009年6月21日 (日)

直木賞とは……受賞すれば名前が一躍メジャーになり、親戚連中を見返せる。――東野圭吾「もうひとつの助走」

090621東野圭吾「もうひとつの助走」(平成17年/2005年4月・集英社刊『黒笑小説』所収)

※こちらのエントリーの本文は、大幅に加筆修正したうえで、『ワタクシ、直木賞のオタクです。』(平成28年/2016年2月・バジリコ刊)に収録しました。

|

« 第3期は、「直木賞」を描いた小説たち。……ちょっとネタ切れが心配ですけど | トップページ | 直木賞とは……「芸術としての文学」とは正反対にある、俗悪な散文すべて。――中村光夫「『わが性の白書』」 »

小説に描かれた直木賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206923/45410126

この記事へのトラックバック一覧です: 直木賞とは……受賞すれば名前が一躍メジャーになり、親戚連中を見返せる。――東野圭吾「もうひとつの助走」:

« 第3期は、「直木賞」を描いた小説たち。……ちょっとネタ切れが心配ですけど | トップページ | 直木賞とは……「芸術としての文学」とは正反対にある、俗悪な散文すべて。――中村光夫「『わが性の白書』」 »