« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の5件の記事

2008年5月25日 (日)

山梨にもいました、キラリと光るおもろいオヤジが 第36回候補 熊王徳平「山峽町議選誌」

===================================

  • 【歴史的重要度】…flairflairflair 3
  • 【一般的無名度】…flairflair 2
  • 【極私的推奨度】…flairflairflairflair 4

===================================

第36回(昭和31年/1956年・下半期)候補作

熊王徳平「山峽町議選誌」(『作家』昭和31年/1956年11月号)

 くそお、太平洋戦争ってやつはさあ、それが終わってから相当経って生まれてきた人間――ワタクシの感覚をやたら乱してくれます。たとえば、戦前に登場した作家が、戦後にひょいと直木賞候補者として挙げられていたりすると、ほう、ずいぶん昔のヒトを引っ張り出してくるもんだな、と思わされたりするんですけど、その間ほんの10年、20年ぐらいしか時は流れていなかったりして。戦争が間に挟まっていると、なんだか時間感覚が測りづらいもんだな。

 熊王徳平さんなどもその一人、と言っていいのでしょうか。

 『中部文学』の雄、熊王さんがおそらく世に知られたのは、織田作之助さんと同じタイミングです。昭和15年/1940年、改造社の『文藝』誌が鳴り物入りで(……遅ればせながら?)始めたのが、同人誌を対象とする「文藝推薦」、その第1回の選考のときに、織田さんと一緒に熊王さんの作品も取り上げられています。

 当選したのはオダサクの「夫婦善哉」。それと競ったのがクマトク「いろは歌留多」でした。オダサク26歳、クマトク34歳。

 むろん、単なる直木賞オタクがクマトクさんのそれ以後の作品系列を丹念に執念深く追うわけもなくて、熊王フリークの方々、申し訳ありません。ワタクシがこれまで触れたのは『田舎文士の生活と意見』(昭和36年/1961年12月・未来社刊)この一冊のみです。

 直木賞候補作の「山峽町議選誌」、まさにワタクシお気に入りの一作です。小嵐九八郎『おらホの選挙』に負けず劣らず(って、比べようとする態度が変ですけど)、町の選挙に関する虚々実々の駆け引き、主人公・亀田竹松の珍妙にして俗悪、絶対付き合いたくないなと思わせる反魅力的な(つまりは魅力的な)人物像。……いやあ、おもしろい。

続きを読む "山梨にもいました、キラリと光るおもろいオヤジが 第36回候補 熊王徳平「山峽町議選誌」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月18日 (日)

どでかい住居に住んだ堂々たる一文なし 第22回候補 河内信「甲子園の想出」

===================================

  • 【歴史的重要度】…flairflair 2
  • 【一般的無名度】…flairflairflairflairflair 5
  • 【極私的推奨度】…flairflairflairflairflair 5

===================================

第22回(昭和24年/1949年・下半期)候補作

河内信「甲子園の想出」(『雄鶏通信』昭和24年/1949年9月号)

 はじめて読んでから、しばらくたちます。それなのに、どうにも忘れ難い作品のひとつです。

 ところで、おそらく、あなたが河内信をご存知ないのと同じレベルで、ワタクシも河内信さんが何者なのか、ほとんど知りません。書誌検索して、「大河内信威」さんとか「河内信弘」さんとかがドバッと出てきて、イライラした経験をお持ちの同志も、きっといらっしゃるでしょう(え。いますよね?)。

 終戦直後、鈴木徹夫という作家がいました。『新青年』にいくつか作品を発表し、前にご紹介した高森栄次『想い出の作家たち』でも一項を割かれています。鈴木さんは自称“乞食作家”。そのものズバリです。結局、短期間、いくつかの雑誌に作品を発表したのち、集団で農村をまわる物乞いのグループに加わって、消息を絶ってしまいました。

 鈴木徹夫と河内信、直接の関連はなんもありません。だけど、どうにも似通ったものを感じます。それで、『新青年』の高森栄次さんのように、『雄鶏通信』の武内俊三さんでも延原謙さんでも、ほんの一瞬だけ誌面に顔を出した草の根作家のことを、なんらか書き遺しておいてくれたら、嬉しいんだけど。……世の中そう甘くはないようです。

 そうだ、『雄鶏通信』が生み出した「記録文学」の名作は、高木俊朗『イムパール』だけじゃないんだぞ、との思いを存分にこめまして。雄鶏社と縁のある直木賞関連作家、と問われたらワタクシは迷いなく、木々高太郎今日出海向田邦子をさしおいても、断然この河内信を選びたいと思います。

続きを読む "どでかい住居に住んだ堂々たる一文なし 第22回候補 河内信「甲子園の想出」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

SF古典期に生きた化学者のほろ苦い思い出 第17回候補 立川賢「幻の翼」

===================================

  • 【歴史的重要度】…flairflairflairflair 4
  • 【一般的無名度】…flairflairflair 3
  • 【極私的推奨度】…flairflair 2

===================================

第17回(昭和18年/1943年・上半期)候補作

立川賢「幻の翼」(『新青年』昭和18年/1943年2月号)

 「一般的無名度」をいくつにしようかと、迷った末に「3」にしました。思い切って「5」にしてもよかったのです。しかし、平成15年/2003年に、メジャーな文庫である中公文庫に、マニアックなアンソロジー『明治・大正・昭和 日米架空戦記集成』を加えてくれた編者の長山靖生さんに、感謝と敬意の意を含んで、「無名度」を「3」まで落としました。

 そのアンソロジーには、立川賢さん昭和19年/1944年発表の作「桑港けし飛ぶ」が収められています。これによって、彼には一躍「原爆ケンちゃん」の異名が授けられました。おめでとうございます(……ん?)。

 でも、おそらく、日本全国に3~4人ぐらいいる根っからの立川賢ファンにとって、この文庫の解説や執筆者紹介は、ある意味ショックだったに違いありません。なぜなら生年も没年も、生まれも経歴も、ほぼ何も書かれていないからです。

 海野十三に20行、横溝正史に23行、大阪圭吉に18行、それぞれ解説文のスペースを割いているのに、立川賢にはたったの5行。これじゃあ、いったい何者なのか、まるでわかりません。

 まあ、おそらく収録作の内容が内容だけに、立川さんのご遺族やご関係者の心持ちに配慮して、あえてバッサリ経歴を割愛したのでしょう。いや、ひょっとしてご本人ご存命で、プロフィールの掲載を拒否したのかも。ただ、それでもワタクシは口惜しい。彼が戦前の直木賞において候補に上がったことや、日本SF古典期においてほぼ唯一人、直木賞の最終選考会でその作品が論議された歴史的人物であることぐらいは、触れておいてほしかったなあ。

 え? 肝心なのは、その候補作の中身ですって? そうですよね、インターネットのどこを見ても、この作品を紹介しているとこはないみたいなので、ざっと内容をおさらいしといたほうがよさそうです。

続きを読む "SF古典期に生きた化学者のほろ苦い思い出 第17回候補 立川賢「幻の翼」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

無法松、無法松って、もう言ってくれるな――いえ、言わせてください。第10回・第11回候補 岩下俊作「富島松五郎伝」

===================================

  • 【歴史的重要度】…flairflairflairflairflair 5
  • 【一般的無名度】…flair 1
  • 【極私的推奨度】…flairflairflair 3

===================================

第10回(昭和14年/1939年・下半期)・第11回(昭和15年/1940年・上半期)候補作

岩下俊作「富島松五郎伝」(『九州文學』昭和14年/1939年10月号->『オール讀物』昭和15年/1940年6月号再録)

 しょっぱなから奇をてらうのも大人げないので、堂々たるハイパー有名候補作から行きます。

 作者の岩下俊作さんは、おのれの代表作がいつまでたっても「富島松五郎伝」、いや改題後の「無法松の一生」と言われ続けてホトホト辟易している、と後年にいたるまで、ことあるごとに愚痴をこぼしました。戦中に舞台化されたり、映画化されたりして、戦後になっても何度もそっち方面で取り上げられちゃって、“ああ、『時をかける少女』って原田知世のやつ。……え? あれって原作があったの?”っていうのと同じパターンです(ちょっと違うか)。

 しかし、直木賞のなかでの名候補作の地位は、断然ゆるぎありません。もちろん、「無法松の一生」としてではなく、「富島松五郎伝」として。

 なので岩下さん、すみません。「辰次と由松」や「諦めとは言へど」や「西域記」を取り上げたいのはヤマヤマなんですが、「富島松五郎伝」を抜きにして直木賞を語るのは、もう不可能な領域なんです。どうかコラえて下さい。

続きを読む "無法松、無法松って、もう言ってくれるな――いえ、言わせてください。第10回・第11回候補 岩下俊作「富島松五郎伝」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

第2期は、あまり光の当たらない名候補作をフューチャー

 絶対に直木賞のこと以外は書きません、で押し通している本ブログも、めでたく2年目に突入です。

 ここからしばらくは、過去70余年のあいだに登場した直木賞の「候補作」に目を向けたいと思います。

 たとえば主催者(日本文学振興会)や、出版社や、マスコミのなかでは、受賞作と候補作との扱いに、格段の差があるんですが、これは賞ってやつが生まれつき持っている原理から生ずる現象ですから、しかたありません。が、直木賞オタクがいつまでもそれに追従しているようじゃ、世も末です。

 オタクとは言わないまでも、読書好きのあなた。受賞作と、そのとき競った候補作と両方とも読んでみたけど、おいらは、むしろ落選したコッチの作品のほうが好きだなあ、って感想を持ったことありませんか? そう、その感覚はぜひとも大切にしたいところです。

 さらに「直木賞」総体のハナシで言いますと、過去の受賞作だけをざざざっと見渡して、“直木賞はね、こんな傾向の賞なんですよ”と語るのも、もちろん立派です。ただ、その論点にはどうしても限界がつきまといます。本来、候補作全体を見渡して、なおかつ受賞作を見てこその“傾向”であり“全体像の把握”ですよね。

 でも、受賞作だけで170作ちょい、そのうえに候補作もとらえようとすると1,000作以上の作品を対象にしなくちゃいけません。まあ、誰もやりませんわな。

 正直申しますと現段階で、ワタクシ自身、全部の候補作を読み通したわけじゃありません。それでも、常識的な日本人よりは多少、多めに候補作に触れているはずなので、この場を借りまして、だいたい1週間に1作ずつ、「時の選考委員たちには受け入れられなかったけど、ぜひとも紹介しておきたい名候補作」を取り上げていきたいと思います。

 こんな基準で。

[1] 直木賞の歴史のなかで、重要な道標となった作品。【歴史的重要度】

 この賞の歴史や変節を見ていくうえでは、受賞作よりも、案外、候補作のなかに重要な道しるべが埋まっているものです。きっと。

[2] 惜しいかな、今ではほとんど知られていない作家の作品。【一般的無名度】

 知られていないにはそれなりの理由はあるんでしょうけど、そこに無理やりにでも光を当てる半ば空疎な作業も、また面白いじゃないですか。

 なので、受賞作家がそれ以前に候補になったときの作品、というのは基本的に今回の試みの対象からは外させてもらいます。

[3] 何よりも、ワタクシ自身が読んでおもしろかった作品。【極私的推奨度】

 歴代選考委員の方々の批評眼を信用してないわけじゃありませんよ。でも、好みってやつは、ほら、人それぞれでして。

 目安として、古い時代のことばかりでも飽き飽きするでしょうし、最近のことばかりでもナマナマしすぎるので、時期を10回分(5年分)ごとに区切り、まず第1回(昭和10年/1935年・上半期)~第10回(昭和14年/1939年・下半期)のなかから1作品に焦点を当てて、それをブログエントリーごとに徐々に現在に近づかせていきます。最後までやって全14作品。このセットを3回4回繰り返せば、まあ、だいたい今後1年はこのネタで持つかなと。

 ってことで、最初は、直木賞草創期のころの、名候補作からです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »