« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の6件の記事

2007年7月29日 (日)

ちょっとまった!青島だァ

 夜遅くまで働くことになる選挙管理委員会のスタッフの方々に、ワタクシなりに感謝の気持ちをあらわすためにも、今日はひとつ、参議院ネタで行ってみます。

070729w170 『ちょっとまった!青島だァ』青島幸男(平成18年/2006年12月・岩波書店/双書 時代のカルテ)

 参議院選挙の日にどうしても取り上げなければ収まりがつかない直木賞関連の人といえば、第85回(昭和56年/1981年・上半期)受賞の青島幸男、これ王道です。

 作家であり政治家でもある、とまとめれば、石原シンさんとか田中ヤスさんとかが現在ご活躍中ですけど、彼らと青島さんの歴然たる違いは、彼らは芥川賞の受賞者または候補者、いっぽう青島さんは直木賞の受賞者であること、まあそれもあります。でも、それをいえば、かつて直木賞作家の今東光野坂昭如だって議員やってたじゃないか、はい、そうなんです。

 いやいや、やっぱりいちばんの違いは、青島さん以外は、みな作家として名が売れ顔が売れ、その後に立候補して票を集めたのに対して、青島さんただひとり、議員をやっていたときに小説を書いて、それが直木賞をとっちゃった点でしょう。芥川賞は突き詰めて調査していないので知りませんが、直木賞作家161人のうち、受賞時に国会議員だったのは、青島幸男さん、あなただけです。

 テレビの放送作家(兼タレント)→参議院議員→直木賞作家→東京都知事→ハテナ、という遍歴は、もう華々しいと言おうか激動と言おうか、投げかける言葉が見つかりません。没後半年以上もたって、ナンですけど、追悼の意も込めまして、本書を読んでみます。

続きを読む "ちょっとまった!青島だァ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

文士風狂録 青山光二が語る昭和の作家たち

 祭りが終わったあとは平常運転に戻って、直木賞の関連書籍を地道にひもといていくのが、ワタクシに課せられた使命だと、ひとり敢然と胸を張って歩きつづける直木賞オタクなのでした。

070722w170 『文士風狂録 青山光二が語る昭和の作家たち』大川渉(平成17年/2005年12月・筑摩書房刊)

 本書と出会ったのは、直木賞候補作家・青山光二のことを調べているときではなくて、知られざる直木賞候補作家・吉井栄治に関心をもち、少しでもその情報をかき集めたくて右往左往しているときでした。吉井栄治については、調査の模様を親サイトで書いたので、そちらをご参照願うとして、やはり本書のことも、もっとくわしくご紹介せねばなるまいと、ずっと気にかかっていたので、ここで取り上げます。

 候補に挙げられながら受賞しなかった作家が、リアルタイムで、またはのちのちになって、直木賞のことを語った文献は、けっこう多そうで少なく、少なそうで多いのですが(どっちなんだ)、こういうものばかり探して楽しんでいる人間は、ひとの不幸な過去ばかりほじくり返しやがって、ひとでなしめ、と軽蔑されたりします。

 青山光二が候補になったのは、第35回(昭和31年/1956年・上半期)、第54回(昭和40年/1965年・下半期)、第77回(昭和52年/1977年・上半期)の3回。初候補から最終候補まで21年も経た作家は、直木賞史上いちばんではないけど、相当長い部類に入ります。

(ちなみにその上をゆく最長“飼い殺し”記録といえば、古川薫の第53回~第104回の25年半、深田祐介の第40回~第87回の23年半、滝口康彦の第38回~第81回の21年半があります)

 まあ、無粋な興味本位の第三者がだらだら紹介するよりも、ここはバシリと、老年の星、青山光二さんに語っていただきましょう。なにしろ90歳を過ぎてなお現役ばりばり、もう怖いものなんかありません。

続きを読む "文士風狂録 青山光二が語る昭和の作家たち"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

第137回直木賞(平成19年/2007年上半期)決定の夜に

 さすがにブログっぽいことし始めたからには、こういう日には“週イチ”の掟を破って、何か書いてもいいのじゃないか、と自分自身に言い聞かせ、今晩決まった第137回(平成19年/2007年上半期)直木賞のこととか、書き残しておきたいと思います。

 まずは、今回受賞に至らなかった候補のことについて。

 桜庭一樹さん、あなたの勇姿は常にン十万の熱きラノベラーたちが、温かく見守っています。『赤朽葉家の伝説』での大ブレイクは、実にお見事でした! 遅ればせながらワタクシも、桜庭さんの作品に出逢えて幸せです。

 畠中恵さん。時代小説だけの枠におさまるような方ではないと、勝手にお見受けしていますが、畠中さんでしか醸し出せない新たな時代小説の世界をぜひ切り拓いていってください。

 万城目学さんには、本屋大賞をはじめ他のいろんな文学賞よりも先に、直木賞をもらっていただきたいんだけどなあ。これでそのチャンスも遠のいてしまって、『鹿男あをによし』ファンの一人としては残念ですが、“いずれ”直木賞とると信じています。

 うちの親サイトでやっている企画「大衆選考会」で、『絵子』の頃からお名前が挙がっていた三田完さんが、今回、本物の直木賞の候補になられて、なんだか我がことのように嬉しい管理人です。『俳風三麗花』みたいな楽しい小説、また読んでみたいです。

 まだまだこの先、いくらでも受賞のチャンスのありそうな、森見登美彦さん、これからも『夜は短し歩けよ乙女』をしのぐような、ハチャメチャに面白い小説を生み出していってくださることを、読者の一人として待っています。

 そして、北村薫さん。発表からまだ数時間しかたっていないのに、さまざまなブログ、掲示板などで、早くもファンの方々がたくさん書き込みしているこの思い、どうぞご覧になってください。次期以降、また候補に挙げられることがあるかないかは、わかりませんが、勝手にワタクシは、北村さんは“直木賞逃した実力派人気エンターテインメント作家”のお一人だと確信しています。

          ○

 松井今朝子さんは、今回が3度目の候補。ワタクシはその3作しか拝読したことはないのですが、選評で「歌舞伎に詳しすぎて、かえって、そのことが小説を書くうえでの邪魔になっている」みたいなことを書かれているのを読むたび、そうかなあ?と思っていました。今後いろいろなジャンルを書いていかれる中でも、ワタクシみたいな歌舞伎オンチな者にも、その魅力がわかるような、ばりばりの歌舞伎小説を、また読ませてください。

 ひそかにワタクシが注目しているのが、親サイトの「新情報」にも書いたんですけど、松井さんのホームページで、候補発表以後、ご本人が直木賞のことに一切触れていないこと(7月10日に新聞記者の取材を受けたことは書かれていましたが、直木賞の取材だったとは書いていないのが、また心憎いばかりです)。明日以降、松井さんがどんなふうに直木賞のことを書かれるのでしょうか。それとも、いつもどおり、晩ごはんのことや、日記や、時事ニュースのことのみで、貫かれるのでしょうか。

 コメント欄に、読者の方からのコメントがあるから、それにはご対応なさるかとも思えますし。注目しています。

続きを読む "第137回直木賞(平成19年/2007年上半期)決定の夜に"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年7月15日 (日)

小説新潮 平成19年/2007年7月号〈第20回山本周五郎賞決定発表号〉

 直木三十五よりも今でははるかに名前を知られている(と思われる)山本周五郎の名を冠した賞が、“プレ直木賞”みたいに扱われるのは、冥途の周五郎さんには心外かとも思いますが、どうかひとつ、新潮社の顔に免じて許してやってくださいまし。

070715200707w170 『小説新潮』平成19年/2007年7月号(平成19年/2007年7月・新潮社刊)

 山本周五郎賞は、今年の5月15日で第20回を迎え、晴れて公の場でお酒をのめるお年頃になりました。受賞作は、恩田陸『中庭の出来事』と、森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』の2作。それから2か月たった今、あらためてそのことを蒸し返す理由はもちろん、あさって(7月17日)にせまった第137回直木賞選考会に、候補作として『夜は短し~』が挙がっているからです。さらに山周賞の選考委員、北村薫の小説『玻璃の天』も、なぜか候補になっているからです。そして、同僚選考委員、浅田次郎が直木賞の選考会には初出陣となるから、です。

 どうでもいいことですけど、山本周五郎賞って、なんか略しにくい賞名なんですよね。山本賞もしくは山周賞。どっちもピンとこないんだよなあ。賞名を決めた新潮文芸振興会お偉方、一生の不覚か。ほらな、文学賞なんておいらの嫌いなこと勝手にしやがるから、そんなことになるんだ、他のやつの名前を使えやよかったんだ、と周五郎さんが雲の上で仏頂面をしているとか、いないとか。さすが周五郎さん、おのれの筆名でも、文学賞とは相容れないところをお示しになっておられる。感服いたしました。

 で、第20回の選考会。選考委員は、浅田次郎北村薫小池真理子重松清篠田節子の5名、年齢順でいえば下は44歳の重松さんから、篠田さん(51歳)、小池さん(54歳)、浅田さん(55歳)ときて最年長は、57歳の北村さん……って、え?

続きを読む "小説新潮 平成19年/2007年7月号〈第20回山本周五郎賞決定発表号〉"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月 8日 (日)

小説現代 平成19年/2007年4月号〈第28回吉川英治文学新人賞決定発表号〉

 今週、来週は、なにせ半年に一度の特別な期間ですから、それなりの本を取り上げようと思ったんだけど、どうにも思いつかずに苦肉の策。まあ、ゆっくり“プレ直木賞”でも回顧してみませんか。

070708200704w170 『小説現代』平成19年/2007年4月号(平成19年/2007年4月・講談社刊)

 吉川英治文学新人賞は、昭和55年度/1980年度から始まった、主に新人のエンターテインメント系小説に対して贈られる文学賞です。今年3月で第28回。けっこう長く頑張って続けてくれています。主催は財団法人吉川英治国民文化振興会ですが、バックに講談社がついていて、文春の芥川賞/直木賞、新潮社の三島賞/山周賞、講談社の野間文芸新人賞/吉川英治文学新人賞のラインは、外から見ている方も、そしておそらくやっている方も、それぞれを意識して存在する“ライバル”文学賞なわけです(こんなザックリした紹介文で、ほんとにいいのかな)。

 第28回の吉川英治文学新人賞(長いので吉川新人賞と略します)は、ご存知のとおり、佐藤多佳子『一瞬の風になれ』が受賞しました。本号にはその「受賞の言葉」と「選考委員の言葉」(選評)が載っています。月刊誌のはかない定め、すでに書店の店頭からは、おそらく、きれいサッパリ抹殺されていますので、お持ちでない向きは、図書館に行くか、バックナンバーを取り寄せましょう。

 これを今さら取り上げて、いったい何の御利益があるのか。――ありませんよ。露ほどもありませんけど、桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』が、このときの候補になっているんですもの、第137回直木賞の選考会の前に、吉川新人賞の5人の選考委員がどんなふうに読んだか、思い起こしておいてもバチは当たりますまい。

続きを読む "小説現代 平成19年/2007年4月号〈第28回吉川英治文学新人賞決定発表号〉"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月 1日 (日)

芥川直木賞のとり方 あこがれが“勝利の女神に”!今

 刺激的なタイトル、ほとんど名前を聞いたことのない著者と出版社、こういった本が存在することも、直木賞の周辺世界を形成する、見過ごせない一要素でしょう。

070630w170 『芥川直木賞のとり方 あこがれが“勝利の女神”に!今』百々由紀男(平成5年/1993年7月・出版館ブック・クラブ刊)

 そんなこと言ったって百々さん、あなた、芥川賞も直木賞もとってないじゃないですか。などという子供じみた素朴なツッコミをきっと何万遍も受けていると思いますので、あえてワタクシはそんな意地悪いことは申しません。

 本書の内容を真に受ける人がいたとしても、社会的に害はないので構わないんですが、もしかしたら文壇版“トンデモ本”と言ってもいいかもしれない、バンバン繰り出される驚異のフレーズが、たまらなく面白いのです。

「もちろん、三島由紀夫、大岡昇平、筒井康隆といった例外もあるが、文壇でいう“作家”とは通常、両賞の受賞作家である。」

 え?

「作家もまた人間、そこで理想的な文壇デビューの年齢というと……
 芥川賞~35歳
 直木賞~45歳
 ここらが“適齢期”といっていい。」

 なに?

「特に小説が書けなくなった作家にとり、選考委員の座は文壇内の自分の存在を証明するものであり、権威である。そこで、
「選考委員に逆らったら芥川・直木賞はとれない」
 との恐怖が、新人作家にはいつもつきまとっている。」

 ふふふ、この断言口調が、えもいわれぬ、いい味をかもし出しているのです。

続きを読む "芥川直木賞のとり方 あこがれが“勝利の女神に”!今"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »