2016年12月 4日 (日)

第98回直木賞『それぞれの終楽章』の単行本部数

第98回(昭和62年/1987年・下半期)直木賞

受賞作●阿部牧郎『それぞれの終楽章』(講談社刊)
8万

※ちなみに……

第98回(昭和62年/1987年・下半期)芥川賞

受賞作●池澤夏樹「スティル・ライフ」収録『スティル・ライフ』(中央公論社刊)
初版3万部→9万
受賞作●三浦清宏「長男の出家」収録『長男の出家』(福武書店刊)
初版4万部→9万

 直木賞史のなかの地味回のひとつ、第98回(昭和62年/1987年・下半期)です。

 何ということもない回かもしれません。

 ちょうど、山田詠美さんの受賞会見があった第97回と、人気者・景山民夫さんの受賞した第99回、そのあいだに挟まれているのも、地味さを際立たせている要因なんだと思います。

 いや、阿部牧郎さんってそんなに地味な作家か。といえば、特別そんなことはないと思いますけど、この回候補になった8人の顔ぶれが、最年少は40歳(小杉健治さん)で、他はアラフィフ、アラカンのおじさんがずらりと揃い踏み。となれば、落ち着いた大人の品格といいますか、突飛で目立ったことをしてくれそうな気配は、微塵もありません。そんなに印象に残るような回にならなかったのも、当然な気がします。

 受賞作の『それぞれの終楽章』も、これもまた、きらびやかさとは縁遠い、たぶん50歳、60歳にならないと魅力がわからない類いの作品。なんじゃないかと推測します。残念ながらワタクシには、まだちょっとピンとこないので、推測です。

 さて、部数のハナシですけど、また今回も『出版月報』を参照しました。

 昭和63年/1988年3月号では、10万部突破、という記事も見えましたが、翌月には、

「芥川賞・直木賞はいずれも地味な動きで仲々底辺が拡がらない。」(『出版月報』昭和63年/1988年4月号)

 とあって、部数のほうも8万部ほどだ、とガクッと下方修正報道されています。

 その直後に、直木賞(と芥川賞)のライバルとして創設された山周賞と三島賞の、第1回発表がありました。もしもそっちの受賞作がド派手に売れまくったりしていたら、一年目から「山周賞は直木賞を超えた!」などと煽られていたんじゃないかと思います。しかし、山周賞の『異人たちとの夏』もそれほど動かず(7万部ぐらいで止まったようです)、両者痛み分けに終わりました。

 これが他の直木賞に比べてどのくらいの水準だったのか。同じころの受賞作部数を見てみますと、一年半後の第101回、「売れなかった受賞作」と言われる『遠い国からの殺人者』が、推定部数7万部です。

 こうなってくると、『遠い国から~』だけをことさら「売れなかった」扱いしていいのか、ちょっと考えを改めなきゃいけませんが、阿部さんの場合はもう、長いあいだ直木賞をとらせる/とらせないで不愉快な思いをしてきただろうなあ、という思いが先に立ってしまうので、それが10万部届かなかったとしても、そんなに悲惨な感じはしません。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

第40回直木賞『落ちる』と第38回芥川賞「裸の王様」、第39回「飼育」の単行本部数

第40回(昭和33年/1958年・下半期)直木賞

受賞作●多岐川恭『落ちる』(河出書房新社刊)
3万

※ちなみに……

第38回(昭和32年/1957年・下半期)芥川賞

受賞作●開高健「裸の王様」収録『裸の王様』(文藝春秋新社刊)
6万5,000

第38回(昭和32年/1957年・下半期)、第39回(昭和33年/1958年・上半期)芥川賞

候補作・受賞作●大江健三郎「死者の奢り」「飼育」収録『死者の奢り』(文藝春秋新社刊)
5万(受賞前まで)7万

 直木賞の(いや、芥川賞の)部数の世界で、『太陽の季節』22万5千部が強烈な存在感を示したことは、これはもう動かしがたいと思います。

 じゃあ、同じ回(第34回 昭和30年/1955年・下半期)に受賞した新田次郎『強力伝』とか邱永漢『香港』は、どのくらい部数が出たのか。知りたくてしかたないんですが、よくわかりません。……わからないので、『太陽の季節』のすぐあと、部数の件で(も)大いに世間をにぎわした、と思われる芥川賞のハナシでお茶を濁すことにします。

 石原慎太郎さんの場合は、受賞の瞬間はそれほどでもなく、それから後に一気に騒がれたっていう代表的な受賞例ですが、いまワタクシたちの目の前にあるような、選考前から多くのひとに注目されて受賞と同時にどっと騒がれる、っていう芥川賞の姿は、おそらく石原さんから2年後、昭和32年/1957年・下半期から始まったようです。開高健 VS 大江健三郎の世紀の大決戦、ってやつです。

 世紀の、というほど大げさなもんじゃありませんが、とりあえず選考前からわんわん報道陣がやってきて大変なもんだったよ、と開高さんがいろんなところで証言しているので、大変なもんだったのだと思います。

 そんなマスコミの盛り上がりのなか、昭和33年/1958年1月20日に受賞が決定。すると2月下旬から3月上旬にかけて、開高さんの『裸の王様』(受賞作収録)と、大江さんの『死者の奢り』(落選作収録)が、同じ文藝春秋新社から相次いで発売されるという、〈ライバル対決〉を単行本のほうでも実現させる文春の、なかなかの宣伝戦略が繰り出されました。

 まず『裸の王様』ですけど、これがかなり売れたのはたしからしいです。

「私の最初の本は文藝春秋新社からでた『裸の王様』である。昭和三十三年だった。これはたまたま芥川賞について大江君と競争することとなり、マス・コミが宣伝してくれたので、よく売れた。」(平成5年/1993年9月・新潮社刊『開高健全集 第22巻』所収「『裸の王様』」より ―初出:『本の手帖』昭和36年/1963年11月号)

 『出版年鑑1959年版』(昭和34年/1959年5月)を見ると、昭和33年/1958年のベストセラーランキングで第14位。松本清張さんの『点と線』(第19位)とか、山崎豊子さんの『花のれん』(第20位)よりも上です。

 具体的には何万部だったのか。と探していたところ、当時の『週刊読書人』や『日本読書新聞』に、それぞれの書評紙調べで部数が報道されていることがわかりました。

「こんどの芥川賞を最後まで競った開高健「裸の王様」と大江健三郎「死者の奢り」は二月下旬、三月上旬と相前後して発売(ともに文芸春秋新社)売行きの面でも競り合い、前者が五万、後者が三万五千というところだが一週間早くでた「裸の王様」がスタートのよさもあろうが受賞作の貫禄を示した。(引用者中略)しかし両書とも前宣伝は相当なものだったがその割に伸びなかったようだ。」(『日本読書新聞』944号[昭和33年/1958年3月31日号]「出版界レポート」より)

 発売1か月足らずで5万部とか3万5000部も行っているのに、「その割に伸びなかったようだ」と言ってしまう感覚がよくわかりません。やはり発売後一気に10万部とか15万部まで売れたとかいう『太陽の季節』の記憶が、まだ生々しく残っていたんでしょうか。

 両書はその後も、順調に部数を伸ばして、4月半ばで『裸の王様』5万8000部、『死者の奢り』4万7000部(『日本読書新聞』948号[4月28日号])、6月までで前者6万5000部、後者5万部(『週刊読書人』232号[7月7日号])ということになっています。

 しかし年末の年間回顧では、もう書名は挙がっていないので、おそらくどちらも10万部を超えることはなかった模様です。『裸の王様』6万5000部前後だった、と見るのが妥当なんでしょう。

 ちなみに直木賞のほうでは、山崎さんの『花のれん』が、『週刊読書人』254号[12月15日号]「今年の出版界」の記事で、「一〇万部のラインには達しなかったが、(引用者中略)目立った」文芸書のひとつとして挙げられていました。『出版年鑑』の順位では、『裸の王様』のほうが上でしたけれど、部数としてはたぶん、こちらのほうが多かったんじゃないかと思われます。

 で、ここまで引き立て役にまわってきた大江さんの『死者の奢り』。上半期は〈受賞作の貫禄〉ってやつに負けて、ずっと後塵を拝しましたが、7月の芥川賞で、同書収録の「飼育」が受賞することになってしまいます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

第115回直木賞『凍える牙』、第116回『山妣』、第117回『女たちのジハード』『鉄道員』の単行本部数

第115回(平成8年/1996年・上半期)直木賞

受賞作●乃南アサ『凍える牙』(新潮社刊)
16万(受賞半年で)17万

第116回(平成8年/1996年・下半期)直木賞

受賞作●坂東眞砂子『山妣』(新潮社刊)
約2万(受賞前まで)+7万(受賞した月)10万8,000

第117回(平成9年/1997年・上半期)直木賞

受賞作●篠田節子『女たちのジハード』(集英社刊)
約2万(受賞前まで)+5万(受賞した月)23万7,000(受賞半年で)25万
受賞作●浅田次郎『鉄道員』(集英社刊)
約8万(受賞前まで)+10万(受賞した月)69万(受賞半年で)101万(受賞1年半で)155万

※ちなみに……

第115回(平成8年/1996年・上半期)芥川賞

受賞作●川上弘美「蛇を踏む」収録『蛇を踏む』(文藝春秋刊)
初版(受賞後)5万部→11万

第116回(平成8年/1996年・下半期)芥川賞

受賞作●柳美里「家族シネマ」収録『家族シネマ』(講談社刊)
27万
受賞作●辻仁成『海峡の光』(新潮社刊)
22万

第117回(平成9年/1997年・上半期)芥川賞

受賞作●目取真俊「水滴」収録『水滴』(文藝春秋刊)
8万

 直木賞の部数をテーマにしてから、だいたい半年。いちおう折り返し地点なんですが、うーん、なかなか難しいです。

161120

 調べやすい1990年代あたりを、小出しに取り上げながら、そのあいだにもっと昔のハナシも調べていこう。と思っているんですけど、どうもうまく行きません。

 歴代受賞作が190冊ちょっとあるうち、これまで触れることのできたのは、60冊弱。まだ3分の1も達成できていません。この分だと、だいたい1年が終わるときには、半分も超えていれば御の字、という感じです。

 来週からは(かなり心が痛いですけど)「芥川賞だけを取り上げる週」っていうのも交えながら、少しずつ直木賞のほうも埋めていこうかと思っています。

 それで今週は、前半のしめくくりとして、「直木賞のほうが芥川賞よりも売れるようになった」時期に当たる、第99回(昭和63年/1988年・上半期)からの分を並べてみました。

 ちなみにこのあと、直木賞は、第115回乃南アサ『凍える牙』が17万部、第116回坂東眞砂子『山妣』が10万8,000部、とつづき、そして第117回には、直木賞史上最大の単行本売り上げを記録する浅田次郎『鉄道員』の155万部、篠田節子『女たちのジハード』の25万部、という流れになります。

 ……なります、といいますか、流れなんかないかもしれません。部数はけっこうデコボコしています。

 受賞作の40%程度は10万部までいったかどうか疑わしく、地味めの作品であれば、そのぐらいが当たり前だった、というのはたしかだと思います。それでも過半数が10万部を超えてしまうのが「腐っても直木賞」と言われるゆえんかもしれませんが、20万部、30万部まで伸びる作品は、かなり限られています。

 こういったなかで、いきなり100万部以上の世界にまで飛び出した『鉄道員』のスゴさが光りますけど、アレはほんとに特例中の特例。とうてい基準にはならないので、今回のグラフにも入れませんでした。『鉄道員』抜きでも、直木賞の部数はほんとうに順調で、そのあとも、ほとんど不調の影は見られません。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

第114回直木賞『恋』『テロリストのパラソル』の単行本部数

第114回(平成7年/1995年・下半期)直木賞

受賞作●小池真理子『恋』(早川書房刊)
2万~3万(受賞前まで)+8万(受賞した月)29万(受賞約1年で)32万
受賞作●藤原伊織『テロリストのパラソル』(講談社刊)
初版5万部→25万(受賞前まで)+2万(受賞した月)35万

※ちなみに……

第114回(平成7年/1995年・下半期)芥川賞

受賞作●又吉栄喜「豚の報い」収録『豚の報い』(文藝春秋刊)
初版(受賞後)4万部→13万

 芥川賞の特徴のひとつに、「こいつさえ叩いておけば、当座すっきりする」という性質があります。「昔はよかったなあ」式のことを言っておけば、だいたい気も晴れるし、うまくやれば「権威に縛られないカッコいいオレ」も演出できちゃう。ほんとに手頃なサンドバッグです。ということで(どういうことだ)、第113回(平成7年/1995年・上半期)が終わった頃にも、深刻がっている人がたくさんいました。

 それで、第114回(平成7年/1995年・下半期)の選考会がもうじき開かれるという直前のタイミングで出たのが、『AERA』が放った最強の煽り記事「芥川賞がつまらない」(目次では「特集3純文学 芥川賞の落日」、平成8年/1996年1月1日・8日号)です。

 この特集は4つのパートで構成され、「純文学の落日」「芥川賞改造計画 選考委員にも問題がある」「今様作家養成マニュアル 家事も育児も格闘技もやる」「欧米の文学賞 「純」と「大衆」区別しない」と、いずれも速水由紀子さんの署名記事ですけど、どこを読んでも直木賞が果たしてきた・果たしている機能はガン無視され、とにかく芥川賞は芥川賞はと、芥川賞愛の強すぎる論調ばかり。読み進むにつれて気分が悪くなってしまったのは、こちらが直木賞ファンだからでしょう。おそらく。

 それはともかく、この記事の煽り具合が際立っているのは、何といっても冒頭にあります。芥川賞の落日を表現するのに、本の部数のハナシから始めているんです。「歴代芥川賞作品売り上げランキング」という、当時21位までの受賞作と部数のリストを載せたうえで、こう解説しています。

「歴代の部数上位ランキングを見ると、現在の停滞状況がよく分かる(次ページの表)。

ベスト4は村上龍『限りなく透明に近いブルー』、柴田翔『されどわれらが日々――』、庄司薫『赤頭巾ちゃん気をつけて』、石原慎太郎『太陽の季節』。

四作は五~十年の間隔で登場、どれも時代の空気を凝縮させ幅広く関心を集め、文学の活性化に大きな貢献を果たした。

が、一九八〇年あたりから、こうした時代性、話題性を兼ね備えて売れ行きも抜群、というビッグな作品が見当たらなくなった。代わって村上春樹、吉本ばななといった芥川賞には選ばれなかった「無冠の帝王」が、その位置にいる。」(『AERA』平成7年/1995年1月1日・8日号「純文学の落日」より)

 おー、芥川賞をとらなかったら即「無冠」認定かよ、思い切った煽りするねー。というのはいいとしても、やっぱりこの切り口には無理があると思います。まず、他はすべて単行本のみの部数なのに、『太陽の季節』だけ文庫本部数(85万6000部)を使っているので、フェアじゃない。それと『されどわれらが日々――』の107万部は、発売以来、コツコツと20~30年にわたって達成したもので、他の二作とは大部数の意味合いが、けっこう違います。

 いや、そもそも、受賞作の売れた部数がそんなに重要か? 石川達三とか井上靖とか五味康祐とか松本清張とか開高健とか、第三の新人グループとか、昔の受賞者は、まるまるまとめて無視して。「芥川賞を叩きたい」という、もわっとした結論が先にあって、どうにかそこに結びつけるためにデータを都合よく並べただけじゃないの? と思う人がいても不思議じゃありません。

 ……不思議じゃない、と言いますか、じっさいにこれにケチをつけた人がいます。『エーゲ海に捧ぐ』の単行本を47万5千部売ったというツワモノ、池田満寿夫さんです。えーっ、やだー、あたしの受賞作がリストから抜けているじゃないのー、という可愛らしい(?)入りから、徐々に喉元を締め上げています。

「AERAの特集記事のなかには「エーゲ海に捧ぐ」の一行も出て来ない。レポーターの速水氏がいかにこの作品に対して無関心だったかは個人の評価の自由だが、統計リストとなると違う。何よりも統計は筆者の文学的評価とは無関係に客観的、かつ正確でなければならない。(引用者中略)しかもこのリストは公平ではないのだ。(引用者中略)何故か石原慎太郎の「太陽の季節」だけは文庫本部数になっているのである。当時「太陽族」なる流行語まで生んだ原作だったが、今日の基準から見ると単行本の発行部数が意外に少なかったのかもしれない。

当時大物新人として評価の高かった大江健三郎や、中上健次にしても、ランキングの二十一位内にも入っていないのである。純文学は文学的評価とは違って、芥川賞作家とはいえ本来何十万部も売れるものではないのだ。」(『文學界』平成8年/1996年4月号 池田満寿夫「芥川賞売り上げランキング」より)

 それでもまあ、芥川賞受賞作の売り上げ、っつうのはwikipediaにも載っているくらいですから、たぶん重要なんでしょう。直木賞の売り上げと違って。

 とりあえず、直木賞のことを取り上げる姿勢のない記事に、これ以上かかずらっても仕方がありません。盛り上がっていてうらやましいなあ、と思いながらスゴスゴと退散しますが、『AERA』のなかでこの部分だけは、紹介しておきたいと思います。

「集英社の加藤康男氏は、(引用者注:芥川賞の)改善策として『スキップ』(北村薫)や、江戸川乱歩賞『テロリストのパラソル』(藤原伊織)のようにエンターテインメント性のあるものまで文学のカテゴリーを広めて芥川賞候補にすべきだ、と提案する。」(『AERA』「芥川賞改造計画 選考委員にも問題がある」より)

 文学性と大衆性の融合体(をめざしている)直木賞の、長年やってきた悪戦苦闘を、コケにしているとしか思えない提案です。どんだけ愛されているんだ芥川賞。そして、どんだけ無視されているんだ直木賞。と、哀しくなるところではあるんですが、その『テロリストのパラソル』、このあと直木賞の受賞作になりまして、やっぱり当然のように売れました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

第113回直木賞『白球残映』の単行本部数

第113回(平成7年/1995年・上半期)直木賞

受賞作●赤瀬川隼『白球残映』(文藝春秋刊)
初版7,000部→(受賞後)+4万部→7万

※ちなみに……

第111回(平成6年/1994年・上半期)芥川賞

受賞作●室井光広『おどるでく』(講談社刊)
初版(受賞後)4万部→?

第113回(平成7年/1995年・上半期)芥川賞

受賞作●保坂和志『この人の閾』(新潮社刊)
3万

 もう一回ハナシを戻して、今週はまた、平成初期の「直木賞、売れねー」大合唱のころのことです。……あっと、まちがえました、「芥川賞、売れねー」大合唱のころですね。

 平成6年/1994年7月の、第111回(平成6年/1994年・上半期)は、直木賞と芥川賞を合わせて受賞者4人。受賞作も4つあって、さあみなさん、よりどりみどりだ好きなの選んでちょうだい、という感じだったんですが、どれひとつベストセラー上位をうかがうような売れ行きは出ませんでした。

 直木賞は、既刊の海老沢泰久さん『帰郷』と、受賞後に単行本された中村彰彦さん『二つの山河』。2冊とも文藝春秋です。たしかに歴代受賞作のなかでもかなりシブめの、しっとりとした大人向けの小説で、何しろ売れれば「○○万部」というニュースも出てくるはずですが、この2冊はいったいどれだけ売れたものか、よくわからない、というくらいに地味な動きをして終わりました。まず、直木賞平均水準の10万部には届かなかったと思われます。

 いっぽう芥川賞のほうは、室井光広さんの『おどるでく』と、笙野頼子さんの『タイムスリップ・コンビナート』です。前者は、『出版月報』によれば、受賞決定後に初版4万部で緊急発売、その後、2刷目までは行ったようですけど、おそらく5万部前後といったところ。後者は、「売れないから純文芸はダメ、だとか、おいおい馬鹿も休み休み言えよ!」というテーマで本を出してしまう笙野さんの、「難解な芥川賞」の代名詞のような作品で、これもまず、ほかの3冊と同様、ベストセラーまとめ記事には登場しません。

 まあ、売れない、って言ったって、たとえば2000部と2万部じゃ10倍も違いがあり、直木賞や芥川賞の受賞作はすくなくとも、「万部」のほうの世界です。そこまで「売れない、売れない」と言われる筋合いはないんですが、とりあえず賞モノというより文芸書そのものが売れない、とやたら危機感を煽りたい人たちがいたせいで、この両賞は、かっこうの獲物となってしまいます。

 次の第112回(平成6年/1994年・下半期)には偶然、両賞とも授賞作なし、と決まったものですから、小説全般が売れないこととからめて、前期に4人も授賞させたことが皮肉られたりする始末です。

「小説が売れないと言われる今、受賞作が即ベストセラーとなり、時には何十万部も売れるきっかけになる両賞に出版社側の期待が高いのは当然。そのため、賞がやや「バブル気味」になり、それが前回の四人受賞に象徴された。」(『読売新聞』平成7年/1995年1月13日「芥川・直木賞該当作なし “バブル的受賞”に反省も 育たない大物新人」より ―署名:文化部 尾崎真理子、石田汗太)

 この記事の冒頭には、「これは現代文学の停滞を意味するのだろうか。」という文章もあります。いやあ、文芸記者の反応っつうのは、ほんと期待を裏切らないっすねえ、と感心しますけど、1期に1人ずつの授賞、というルールのなかでやっている行事で、4人授賞の次が0人なら、ちょうどいいじゃん、正常ですよね、と思うのが普通の感覚でしょう。それを、盛況の陰でやせ細ってきただの、停滞だの、よくもまあ人を不安に陥れる表現を、上手に使うもんだと思います。

 しかも最後には、しれっと、

「両賞を主催する日本文学振興会の田中健五理事長(文芸春秋社長)は、「こういうこともある。むしろ両賞の権威を高めるとしたら結構なこと」と語ったが、読者のためにも、本当にそうなることを願いたい。」(同)

 と書いてある。思わず、ウソつけ! と笑ってしまいました。どっちに転んだってどうせ、最近のこの賞には問題がある、と指をさしながら楽しむくせに。そもそも、なんで両賞の権威が高まることが、読者のためになるんですか。読者にとってはべつに、直木賞や芥川賞の授賞の有り無しなんて、喜びでも悲しみでもありませんよ。当たり前じゃないですか。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

第57回直木賞『追いつめる』の単行本(ノベルス)部数

第57回(昭和42年/1967年・上半期)直木賞

受賞作●生島治郎『追いつめる』(光文社/カッパ・ノベルス)
(受賞後)10万部→12万(受賞3か月で)→?

※ちなみに……

第54回(昭和40年/1965年・下半期)直木賞

候補作●生島治郎『黄土の奔流』(光文社/カッパ・ノベルス)
(初版)3万5,000部?→4万(発売後約9か月で)→?

 先週、第110回(平成5年/1993年・下半期)のハナシに『新宿鮫 無間人形』が出てきたので、ちょっと時間をさかのぼって、今日は『追いつめる』のことにします。

 創業70年を超える、いちおうエンタメ小説界では有力どころの出版社、光文社の歴史のなかで、いまだにたったひとつの直木賞受賞作。〈光文社のベストセラー〉といえば、まず話題に挙がるのは、〈カッパ・ブックス以下その軍団〉のことだと思いますけど、たった一作の直木賞が、その軍団のなかから選ばれたもの、というのは、きっと光文社にとっても本望でしょう(なのか?)。

 本望かどうかは別として、とりあえず〈カッパ〉の話題では、刊行部数の件がメインなディッシュです。新海均さんに『カッパ・ブックスの時代』(平成25年/2013年7月・河出書房新社/河出ブックス)という、読んでいるだけでテンションの上がる超絶な良書がありますが、そこでも主要なタイトルには、だいたい部数が併記されています。

 ここに、90年代カッパ・ノベルスのベストセラーとして出てくるのが、大沢さんの〈新宿鮫〉シリーズです。第1弾から『氷舞 新宿鮫VI』までのことが、部数とともに紹介されています。最も多いのが、第1弾『新宿鮫』の46万2,000部で、他もおおむね40万部前後、ということらしいのに、6作中唯一、他社の単行本をノベルスにした直木賞受賞作『無間人形』だけ、ガクッと下がって27万9,000部。……それでも、読売版と同じレベルで売れているのは、さすが新宿鮫ブランド、というかカッパ・ノベルスブランドの底力でしょう。

 ひょっとして直木賞の『追いつめる』のことも、部数を挙げながら触れてくれているのではないか、と期待してページをめくったんですが、そう甘くはありませんでした。ええ、ええ、そりゃあ直木賞なんて、〈カッパ〉に比べたら売れないコンテンツの一種ですからね。仕方ないですよ。生島治郎さんは、こんなかたちで取り上げられているだけです。

「「カッパ・ノベルス」の分野では(引用者注:松本)清張が看板だった六〇年代だが、人気作家の作品も次々出版された。(引用者中略)さらには大岡昇平、水上勉、石原慎太郎、司馬遼太郎、立原正秋、大藪春彦、山田風太郎、五木寛之、梶山季之、生島治郎などなど多彩な顔ぶれで名品が次々と生まれていった。」(『カッパ・ブックスの時代』「第4章 一九六〇年代後半の絶頂期へ」より)

 他の資料を当たってみることにします。

 生島さんの単行本デビューは、講談社の『傷痕の街』(昭和39年/1964年3月)です。生島さんの『星になれる 浪漫疾風録第二部』(平成6年/1994年9月・講談社刊)は、その処女作刊行の頃から始まる自伝的な小説で、主人公の名前は〈越路玄一郎〉ですが、だいたいディテールは当時そのままを映しているものと思われます。

 『死者だけが血を流す』(昭和40年/1965年・講談社刊)につづいて3作目の書下ろしを、カッパ・ノベルスから出すことになった場面も、冒頭まもなく、描かれています。

(引用者注:光文社のカッパ・ノベルスは)新書判ではあるが、ベストセラーが次々と出ていて、出版界の注目の的であった。越路はこの光文社から、はじめて、三万五千という初版部数を約束されていた。

それは越路にとって、眼もくらむような大部数であった。自分の読者が三万以上もいるなどと、とても想像できなかったが、光文社は売ってくれると約束している。

(引用者中略)

『黄土の奔流』も日活が買ってくれ、裕次郎の主演でという話になった。それだけで大いに話題になり、『黄土の奔流』はベストセラー入りを果した。」(『星になれる 浪漫疾風録第二部』「星になれるか」より)

 『黄土の奔流』は名作です。どんどん売れても不思議じゃありません。いったいどこまで部数が増えたんでしょう。当時の新聞広告を見てみますと、カッパの場合、売れているものは「○○万部」と併記のうえ、ちょくちょく宣伝されるのが特徴らしいんですが、『黄土の奔流』はあまり、そういうところに出てきません。

 昭和40年/1965年9月の初版から約9か月後、昭和41年/1966年6月8日付の『朝日新聞』に、カッパの広告があり、ずらずらと大衆文学系の小説が載っているところに、『黄土の奔流』も入っていました。他には10万部超えのタイトルもあるなかで、『黄土の奔流』のわきに記された部数は、4万部。……掲載された28冊中、最も下のビリッケツな部数でした。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

第110回直木賞『恵比寿屋喜兵衛手控え』『新宿鮫 無間人形』の単行本部数

第110回(平成5年/1993年・下半期)直木賞

受賞作●佐藤雅美『恵比寿屋喜兵衛手控え』(講談社刊)
(初版)5,000部前後→7万3,000(受賞2か月で)→?
受賞作●大沢在昌『新宿鮫 無間人形』(読売新聞社刊)
21万

※ちなみに……

第110回(平成5年/1993年・下半期)直木賞

候補作●内田春菊『ファザーファッカー』(文藝春秋刊)
(選考会前)6万5,000部→27万5,000(選考会後約1年で)→?

第110回(平成5年/1993年・下半期)芥川賞

受賞作●奥泉光「石の来歴」収録『石の来歴』(文藝春秋刊)
7万部→(増刷)→?

 何だか個人的に急にいろいろ忙しくなってしまって、ブログなんか書いている場合じゃないんですが、一週間に一度、直木賞に触れておかないと、生命力がダウンしちゃう人間なもので、今日もやっときます。話は前週のつづきです。

 とんでもなく売れた『マークスの山』と、それほどでもなかった『恋忘れ草』。……という緩急のバランスは、直木賞が後天的に手にいれた特徴のひとつです。ランキング形式で決まるヤツには醸し出せない(醸し出しづらい)したたかな手広さ、と言ってもいいでしょう。第110回(平成5年/1993年・下半期)も、またも直木賞は、同じような手を打ちます。偶然かもしれませんが、まあ、似たような展開です。

 大沢在昌さんの『新宿鮫 無間人形』は、10月に発売されましたが、そのときから売り上げが絶好調。当時まだまだ順調に売れていた『マークスの山』を抜くこともあったらしく、その年、およそ10万部間近くらいには行ったと思われます。要するにベストセラーです。

 一方で、佐藤雅美さんの『恵比寿屋喜兵衛手控え』も発売は10月。初版は5,000部前後だったはずですが、「新田賞をとったアノ佐藤雅美の新作だぞ!」と言ったところで、売れるような状況はまったく見えず(そりゃそうだ)、そのまま重版もかからず年を越すことになりました。

 それで平成6年/1994年1月、直木賞の選考会を迎えるんですけど、前の第109回と違っていたとすれば、そこにもうひとつ、「話題のベストセラー」という言葉のぴったりな、ミステリーでも歴史・時代小説でもないダークホース的な刺客が混じっていたことでしょう。

「九月に発売された小説「ファザーファッカー」が売れ続けている。(引用者中略)九刷、六万五千部に達した。」(『読売新聞』平成5年/1993年12月11日「「ファザーファッカー」内田春菊著 性から目そらさぬ自伝的小説」より)

 おいおい、たった6万5,000部かよ、と笑う人はいないと思いますが、厳しい厳しいと言われた〈非ミステリー〉文芸出版のなかで、内田さんの『ファザーファッカー』は相当がんばっていた一作です。直木賞としてみたら、人もよし、題材もよし、版元もよし、の三拍子そろった良好候補作。これが直木賞もとっていたら、きっと大変な部数まで行ったと思います。

 しかし結局、授賞したのは前期と同様に、現に売れているミステリー&さして売れそうもない(……)時代物。となりまして、周囲の予想したとおりに、この二つの受賞作は、売き行きの面でぐんぐん差がつきました。

 いや、『新宿鮫 無間人形』は発売からの初速で売れすぎていた観もあります。受賞後に積み上がったのは10数万、ほぼ倍増の20万部を少し超えたぐらいで落ち着きを見せ、2年後の平成7年/1995年8月12日『読売新聞』の記事では、39刷21万部、と記録されます。その後に、新宿鮫のホームグラウンド〈カッパ・ノベルス〉に入り、文庫にもなり、そちらではまだまだ伸びたはずですが、とりあえずここでは触れません。

 『恵比寿屋喜兵衛手控え』は、受賞が決まってから約5万部の増刷、という直木賞お決まりのような手配があってから、さらにプラスの続伸がありました。それだけでも健闘したほうだと思いますけど、受賞1~2か月で計7万3,000部(『出版月報』平成6年/1994年3月号)、ということだそうです。この動き方を見ると、前期の『恋忘れ草』と同じく、こちらも、その後に10万部ラインまで到達した可能性は低いんじゃないかと思います。

 北原亞以子さんにしろ、佐藤さんにしろ、受賞作が10万部行かなかったから何なのさ。という感じで、その後に大きく活躍(……まあ、地味な活躍だと見る人もいるでしょうけど)。そもそも直木賞っつうのは、そういうもんです。売れたの売れないのと、いちいち言うのが馬鹿らしくもなります。馬鹿らしいですけど、先を続けます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

第109回直木賞『マークスの山』『恋忘れ草』の単行本部数

第109回(平成5年/1993年・上半期)直木賞

受賞作●高村薫『マークスの山』(早川書房刊)
15万(受賞した月)30万~32万(受賞半年で)55万~57万(受賞約2年で)
受賞作●北原亞以子『恋忘れ草』(文藝春秋刊)
4万8,000(受賞した月)→(増刷)→?

※ちなみに……

第109回(平成5年/1993年・上半期)芥川賞

受賞作●吉目木晴彦「寂寥郊野」収録『寂寥郊野』(講談社刊)
5万4,000(受賞した月)→?

 文芸不振だ、話題作が減った、とうるさい野次馬連中から芥川賞がオチョクられているあいだに、直木賞のほうは手堅く、ベストセラーを生み出していきます。

 いや全然、手堅くなかったかもしれません。こっちはこっちで、うるさい野次馬連中がいて、「ミステリーファンをなめ切っとる!」などと不満まみれのクソボールが投げつけられます。あまりにクソすぎて、高村薫さん、涼しい顔で受け流したらしいですけど、慧眼のミステリーファンたちのおかげで順調に売れていた作品が、直木賞をとって加速がつき、平成初の50万部超え……というか、当時、直木賞受賞作の単行本売り上げでは青島幸男『人間万事塞翁が丙午』に次いで第2位の記録を樹立することになりました。『マークスの山』です。

 前週取り上げた、宮部みゆき『火車』VS. 直木賞・出久根達郎『佃島ふたり書房』の、売れ行き争いがつづいていた平成5年/1993年3月~4月に、発売されたばかりの『マークスの山』もベストセラーリストに顔を出します。だいたい全国の書店に行き渡っているうちに7月の直木賞がやってきて、受賞が決定。となると、こういう本が売れ足を伸ばすのは当然といえば当然でしょうが、7月で早くも15万~16万部ぐらいの領域に届いたらしいです。

 宮部さんの『火車』とともに、この売れ行きヤベえぜ、と『週刊ポスト』にも取り上げられます。

「とにかく売れている。

単行本の場合、平均約1万部、5万部を超えると大ヒットといわれるミステリー本にあって、この7月15日に第109回直木賞を受賞した『マークスの山』(早川書房刊・1800円)は、発売4か月で16万部を売り、5月に山本周五郎賞に選ばれた『火車』(双葉社刊・1600円)は、すでに20万部出ているという。」(『週刊ポスト』平成5年/1993年8月6日号「〈アルシンドかラモスか〉直木賞高村薫VS山本周五郎賞宮部みゆき M(ミステリー)リーグのウケ方研究」より)

 勢いは衰えずに、11月までで26万部。すると、年末恒例のミステリーベストテンでも1位の称号が重なる、という大援軍がやってきまして。平成5年/1993年年内には、30万部を超えて32万部に。

 この段階で、直木賞受賞作としてはトップクラスの刷り部数となったんですが、ちょうど映画化決定のニュースが飛び込んできたりもして、年が明けても、まだまだ絶好調。平成7年/1995年春、映画が公開されるころまでには40万部にまで伸びていて、ここで再びのベストセラー入り。一気にプラス10万部以上が刷られたと言われ、55万部とか57万部とか、そのくらいにまで行ってしまいました。平成7年/1995年8月12日の『読売新聞』の記事によると、このころ70刷だったそうです。

「ここ数年の(引用者注:直木賞の)受賞作でもっとも当たったのは平成五年上期の高村薫「マークスの山」(早川書房)。」(『読売新聞』平成7年/1995年8月12日「「白球残映」赤瀬川隼著 地味な作風にも“直木賞効果”」より)

 「ここ数年の」とか言われちゃっているところが、明らかに直木賞の悲しいところでしょう。

 芥川賞の歴代単行本売り上げベスト5、くらいなら新聞記者の人も即答できるでしょうに(……できるのか?)、直木賞のほうのベストは、よく知られていないというこの悲しさ。……って、ワタクシだって知らないんですが、少なくとも平成7年/1995年当時までのあいだで、直木賞受賞作の単行本(文庫は含みません)が50万部を超えた例は、他にどれだけあったんでしょうか。明らかなのは『人間万事塞翁が丙午』一作だけ。あと可能性があるとすれば、『遠い海から来たCOO』くらいだった、と思われます。

 その後の、現在までの直木賞を見たって、50万部超えなんて、なかなか実現できる数字じゃありません。芥川賞にとっても、当然、越えるのが難しいハードルです。それまでミステリーとかに冷たく当たってきたくせに、急にそっちにすり寄って、ミステリーなら売れる、という時流に乗っかったおかげで「売れる受賞作」をつくり出した卑怯な直木賞のせいで、相対的に、芥川賞の売れなさが際立っていく、という展開が進行することになります。

 『マークスの山』は、偉大な金字塔です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

第108回直木賞『佃島ふたり書房』の単行本部数

第108回(平成4年/1992年・下半期)直木賞

受賞作●出久根達郎『佃島ふたり書房』(講談社刊)
15万(受賞半年で)

※ちなみに……

第108回(平成4年/1992年・下半期)直木賞

候補作●宮部みゆき『火車』(双葉社刊)
5万5,000(選考会前月まで)15万(選考会後5か月で)20万(選考会後半年で)→(増刷)→?

第108回(平成4年/1992年・下半期)芥川賞

受賞作●多和田葉子「犬婿入り」収録『犬婿入り』(講談社刊)
初版(受賞後)5万4,000部→?

 第108回(平成4年/1992年・下半期)が決まったのは、平成5年/1993年1月ですが、この回は「直木賞受賞作、という看板しかない本が、直木賞の当落とは関係なく売れている本に、どこまで対抗できるのか」っていう、かなりスリリングな展開を見せてくれています。

 この回の、5つの候補作のうち、地味すぎてまず売れるとは思えないオジサンたちの小説に混じって、売れ行きの面で先行したのが、宮部みゆきさんの『火車』です。平成4年/1992年7月発行、その年末の「このミス」で2位、『週刊文春』ベストで1位に選ばれ、年内で5万5,000部まで刷られていたそうです。

 年が明け、直木賞の候補作が発表、『火車』もそのなかに入っていたために、さらに売り上げが伸びた……というよりは、年末ミステリーベストの余波が、当然1月まで続いていたと見るのが妥当で、月半ばの1月13日、直木賞では落とされましたけど、1月中にプラス5万9,000部が増刷されたといいます(『出版月報』平成5年/1993年2月号)。もうほとんど、受賞作並みの増刷部数と言っていいでしょう。

 いっぽう、地味メンたちの熾烈な(?)争いを制して受賞したのが、出久根達郎さんの『佃島ふたり書房』。年末のベストテンとかに引っかかるはずもなく、おそらくそこそこな水準で動いていたはずですが、1月の直木賞受賞で、一気に重版。人気もの『火車』の背中を追いかけはじめます。

 直木賞は一過性の騒ぎだから、数か月の短期間のうちにで売れるだけ売らないと、部数は残せない、という直木賞の法則に律儀に従い、『佃島―』も頑張って売れます。さすがに伊集院静さんの話題性には及ばず、しかし、両高橋のおじさんコンビのときよりはベストセラー上位でふんばり、2月に10万部を突破してからも、なお粘って、3月には15万部に到達。

「以前は出版業界でヒットの主流だった文芸書の分野は、(引用者中略)ヒットを生む主流からは、ジャンルとしてすっかり遠のいてしまったようだ。芥川、直木両賞の受賞作でも、ベストセラーに顔を出すヒットにつながったのは直木賞の出久根達郎『佃島ふたり書房』(講談社、十五万部)だけ。(引用者中略)作品の内容だけでなく、話題性を加味しないと大ヒットが生まれにくい傾向が強くなっている。」(『産経新聞』平成5年/1993年8月8日「今年上半期のベストセラー」より ―署名:黒田千恵)

 ということで、大ヒットとは言えないけど、けっこう頑張りましたよね、と称賛してもいい大健闘の15万部、で落ち着いたようです。その後、単行本が増刷したのかどうかは、よくわかりません。

 で、賞ということでは『佃島―』に持っていかれた『火車』も、5月には山周賞を受賞。「直木賞と比べて、受け上げにつながる効果は、巨人とアリの差」とも言われる山周賞ですから、ここでドーンと増刷……という形跡はありません。しかし、売れ行きそのものは、『佃島―』と肩を並べて、

「山本周五郎賞を受賞した宮部みゆきの長編ミステリー『火車』がしり上がりに売れ行きを伸ばしている。発売十一カ月で十六刷十五万部。(引用者中略)「久々にロングセラーを生み出せる作家の登場」と期待される。」(『朝日新聞』平成5年/1993年6月6日「ミステリーは女性の時代? 宮部みゆき・高村薫作品に人気」より)

 と、6月の段階で15万部。この記事でも、宮部みゆきはロングセラー作家になれそうだ! と指摘されていて、どうやらそのとおり、その後も、双葉社の単行本は、順調に版を重ねていったみたいです。平成5年/1993年8月6日号『週刊ポスト』の記事では、すでに20万部出ているという、と紹介され、おそらく単行本だけでも、30万部とか、そのぐらいまでは行ったんじゃないかと推測されます。

 けっきょくその点、直木賞は大惨敗だったわけですけど、これといった話題性もない出久根さんの小説に15万の数字を実現させた直木賞の善戦ぶりを、心から讃えたいと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

第107回直木賞『受け月』の単行本部数

第107回(平成4年/1992年・上半期)直木賞

受賞作●伊集院静『受け月』(文藝春秋刊)
初版1万5,000部→受賞後+5万部→25万

※ちなみに……

第107回(平成4年/1992年・上半期)芥川賞

受賞作●藤原智美「運転士」収録『運転士』(講談社刊)
初版(受賞後)5万5,000部→?

 このペースでいくと、1年たたないうちにネタが切れそうなので、ちょっとセーブしていきます。

 話題になれば20万部に届く、そうでないものは10万部ぐらい、いや、どうもそこまで行かない受賞作もあるらしい……というかなり順調な(?)足跡を刻みつづけていたのが、1990年代はじめの直木賞です。たとえ、受賞作が期待したほどではなく、数万程度しか売れなくても、「直木賞」の称号を得ることで、出版業界内外での仕事の場は広がり、活躍を続けることのできる作家が増えていく、っていう点で、直木賞はましな賞だと思います。

 第107回(平成4年/1992年・上半期)は、伊集院静さんの『受け月』が受賞。さらっとしていて、ときどきグッとくる、直木賞にしてみれば順当な授賞ですけど、もちろん世の中には、「直木賞なんてよく知らないけどさ、夏目雅子のことならオレにも意見がある」とか、「篠ひろ子はイイ女だ」とか、「佳つ乃と、ぜひお手合わせを願いたい」とか、そういうスケベオヤジがたくさんいて、伊集院さんの再婚発表も重なってワイドショーのニュースにもなり、へえ、そういう人の書いた小説、どーれ読んでみよっかな、と売り上げが伸びたらしいです。

「C 純文学の低迷ぶりは目を覆うばかりだよ。ある大手出版社の社長は「最近は芥川賞や直木賞の受賞者でも二作目以降が続かない。半年に一回、しかも一度に二人が受賞するなど粗製乱造のツケが回ってきたのでは」とまで言っている。

B それでも今度の伊集院静『受け月』(文芸春秋)は売れ行きも順調で累計十四万部まで来ている。久々に華のある受賞者ということが一般の関心をひいたようだ。」(『日本経済新聞』平成4年/1992年10月5日夕刊「「読書の秋」はや冬景色――どんな本が売れている、大ヒット見当たらず」より)

 健在なり直木賞・芥川賞脳……といったところでしょうか。「純文学の低迷」(本が売れないこと)を、「直木賞・芥川賞が半年に一回、次々に受賞者を誕生させている=粗製濫造」に結びつける、論理不在な悲観論。何をいっているんだ、ほんの数年前に、村上春樹さんや吉本ばななさんに牽引されて「文芸書が好調だ!」とか言って騒いでいたあのころの元気を思い出せ! と肩を叩いてあげたいです。

 そういうなかで、版を重ね、売り上げを伸ばす『受け月』の存在が、目につきやすく、標的になりやすい、というのはよくわかります。文学賞の受賞作が、ほかにたくさん売れていれば、そんなこともなかったんでしょうけど、20万部超え、という(しかし直木賞のなかでは特殊ではない)部数に到達したところで、ことさら、こんな指摘が生まれることになりました。

「芥川・直木賞の冠だけで数十万部が見込める時代は終わったようだ。確実に実力プラス話題性がヒット作の必要条件となっている。」(『産経新聞』平成4年/1992年12月26日「92ベストセラー回顧」より)

 いやいや、いくら何でも近視眼に過ぎるでしょ。と笑っちゃって、この箇所は『直木賞物語』でも引用してしまったんですが、終わったのかどうなのか(そもそも、そんな時代、いつ始まっていたんですか?)。伊集院さん以降、「女優と二度結婚」に匹敵する話題性をもった受賞者は、なかなか数少ないと思いますけど、20万部を超すような受賞作は、20作以上も生まれました。

 直木賞の冠は、なかなか頑張っているんですよ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«第105回直木賞『青春デンデケデケデケ』、第106回直木賞「狼奉行」『緋い記憶』の単行本部数